top of page

姿勢が大切なわけ

「あなたは姿勢がいいね!」「私は姿勢が悪いから・・・」という話をよく聞きます。何でもそうですが、悪いより、いいに決まっていますが、特に姿勢は周りから簡単に判断ができます。ぱっと見て、背中が丸い、いわゆる猫背、両膝の隙間が出来るO脚、腰が曲がっているなど様々ですが、そのままの状態が続くと体に「痛み」が出てきます。

 今の姿勢は、基本的に自然に楽な形を取っているので、姿勢と痛みは直接的にイメージができないのですが、その状態が続くと局所に大きな負荷が蓄積されるので、必ずその場所に痛みが出てきます。例えば、猫背の場合、背中が丸くなるので、頭が前に出て、重みで下がります。それを首や肩の筋肉で支えるので、常に頭を支える筋肉は疲労して、緊張しすぎて痛みが出てきます。やっかいなのは、肩こりで悩んでいる方で、猫背を治せばと考えるのですが、実は下半身の筋力の乱れや、足の裏の重心の乱れにある事が多いのです。

 ですので、腰の痛みや肩こり、ひざの痛みは、立ち方、座り方も含めて姿勢の乱れが影響します。腰が痛いケースで、痛い箇所を触らずに、足の裏の重心を調整するだけで改善した例もあります。

 まずは、現状把握のために自分の姿勢をチェックして、どこに不調の原因があるのかを把握する事が重要です。こんな時は、AIによる姿勢診断「シセイカルテ」を活用して下さい。

最新記事

すべて表示

姿勢不良の代表「猫背」はここをほぐせ!

姿勢が悪いと言われる代表選手が「円背」いわゆる「猫背」です。特に女性が気にされるのですが、性別を問わず多いのが現状です。肩こりや腰の痛みの原因ですと言われますが、別の角度で考えると猫背姿勢の方は、見た目に老けて見えるのが嫌ですね。なぜ老けて見えるのでしょうか。単純に考えると背中が丸くなって、腰が曲がって見えるので、昔ながらの老人の印象ですのでわかりやすいのですが、私が一番気になるんが「顔の表情」で

【脚が太く見えるのが悩み】

女性に多いのが、年齢問わず体型の変化ですが、中でも「脚・お尻が太い、大きい」という悩みです。もちろん体重が増えたり、代謝量が落ちたりすると、体脂肪が増えて物理的に大きくなるのはありますが、一方で「太く・大きく見える」いうのもあります。 特に女性の体型の特徴で以前から言われる「洋ナシ型」があり、男性に比べて下半身は大きく見えがちです。元々の特徴に加えて、運動不足が重なると、筋肉の活動量が減り、緊張が

姿勢が原因で太く見える

姿勢が悪いとどの様な症状が出るのでしょうか。まずは見た目で分かる体型の変化です。 ➀猫背 ②O脚 ③ひざ曲がり ④お尻、脚の太さ ⑤からだの捻じりなど 上記のような見た目がわかる様になると、実際よりもかなり「太め」に見えます。さして太っていないのに太く見えるのは残念です。特に腰周りや太ももなどは気になる部位です。骨盤や太もも、ふくらはぎが外旋(外側に回っている状態)しているので、前から見るとかなり

Comments


bottom of page