top of page

【脚が太く見えるのが悩み】

 女性に多いのが、年齢問わず体型の変化ですが、中でも「脚・お尻が太い、大きい」という悩みです。もちろん体重が増えたり、代謝量が落ちたりすると、体脂肪が増えて物理的に大きくなるのはありますが、一方で「太く・大きく見える」いうのもあります。

 特に女性の体型の特徴で以前から言われる「洋ナシ型」があり、男性に比べて下半身は大きく見えがちです。元々の特徴に加えて、運動不足が重なると、筋肉の活動量が減り、緊張が強くなります。特にお尻、太ももの大きな筋肉が緊張すると体の外側に引っ張られますので、骨盤が開いた状態になります。そうなると、太ももやふくらはぎが外側に回旋しますので、前からみると太もも全体が見えるので脚全体が太く見えてしまいます。

 そこでもう一つ問題があるのは、痛みを伴うケースでです。腰、ひざの痛み、案外気が付かないのはふくらはぎ、またすねの外側の筋肉が緊張して、「足がつる」事が多くなります。いずれの痛みも、体の重みを筋肉で支えている事が原因です。特に下半身は骨盤ー大腿骨ー下腿骨ー足首の骨で立てていない事です。その中でも、足裏のどこで重心を置いているかが問題です。下半身の筋肉で支えていると、足の裏の前-外側で支えている事が多いのです。理想は、内くるぶしの下、下腿骨(すねの骨)の下で支える習慣をつけると、劇的に痛みも体型も変わってきます。

 次回以降は、足の裏の重心位置を矯正するエクササイズも紹介していきましょう。その前に、現在の自分の状態をチェックしましょう。一度姿勢診断を利用してみましょう。1回5分程度で画像撮影+カウンセリングでチェックできます。


チラシもご覧ください

最新記事

すべて表示

姿勢不良の代表「猫背」はここをほぐせ!

姿勢が悪いと言われる代表選手が「円背」いわゆる「猫背」です。特に女性が気にされるのですが、性別を問わず多いのが現状です。肩こりや腰の痛みの原因ですと言われますが、別の角度で考えると猫背姿勢の方は、見た目に老けて見えるのが嫌ですね。なぜ老けて見えるのでしょうか。単純に考えると背中が丸くなって、腰が曲がって見えるので、昔ながらの老人の印象ですのでわかりやすいのですが、私が一番気になるんが「顔の表情」で

姿勢が原因で太く見える

姿勢が悪いとどの様な症状が出るのでしょうか。まずは見た目で分かる体型の変化です。 ➀猫背 ②O脚 ③ひざ曲がり ④お尻、脚の太さ ⑤からだの捻じりなど 上記のような見た目がわかる様になると、実際よりもかなり「太め」に見えます。さして太っていないのに太く見えるのは残念です。特に腰周りや太ももなどは気になる部位です。骨盤や太もも、ふくらはぎが外旋(外側に回っている状態)しているので、前から見るとかなり

姿勢が大切なわけ

「あなたは姿勢がいいね!」「私は姿勢が悪いから・・・」という話をよく聞きます。何でもそうですが、悪いより、いいに決まっていますが、特に姿勢は周りから簡単に判断ができます。ぱっと見て、背中が丸い、いわゆる猫背、両膝の隙間が出来るO脚、腰が曲がっているなど様々ですが、そのままの状態が続くと体に「痛み」が出てきます。 今の姿勢は、基本的に自然に楽な形を取っているので、姿勢と痛みは直接的にイメージができな

Comments


bottom of page